サポート

CPU MeterRoute Log Converter献血ノート2016CheckHotSpotAFTransfer

CPU Meter

FAQ

Q対応するCPUの最大コア数はいくつですか?
A最大16コアのCPUに対応しています。HTによる論理コアと物理コアの区別はありません。
Qレッドゾーンを表示するには?
Aコマンドプロントから”-r”オプションを付けて起動してください。
入力例 C:\Users\hoge\>CPUMeter.exe -r
Q更新間隔を変更できますか?
Aできません。1秒以下では使用率を正しく測定できません。

Route Log Converter

FAQ

Q対応するファイル形式を教えてください。
Aソニー製GPSユニットGPS-CS1KおよびGPS-CS3Kのログ(.log形式)となります。
QNMEA-0183フォーマットとは何ですか?
A米国海洋電子機器協会によって定められた標準規格です。
Q平面直角座標系とは何ですか?
A日本国内を測量するために策定された平面直交座標系であり、地図投影法の一種です。
Q高度データが国土地理院地図の標高と差異があるのですが・・・?
AGPSは地球を仮想的な球体として測定します。よって高度は目安となります。
※地球の重力ポテンシャルは均質では無い。GPSの高度は幾何学的な位置である。
Q積算距離の計算に誤差がある?
Aはい。浮動小数点の丸め誤差や定数部分の桁数により必ず数10mの誤差が生じます。ちなみに平面直角座標系を指定することで縮尺率を補正しています。ただし、短距離では微少量につき誤差の範囲に吸収されます。
Qそれでも積算距離の誤差が大きいと思います。
A静止状態であってもGPSの誤差により常に数10mの誤差が発生しています。その誤差が積み重なることにより積算距離が増加していきます。データ数調整機能を使って不必要なデータを削減してみてはいかがでしょうか。
QGPS-CS3Kにバグがあるそうですが処理可能ですか?
Aはい。60秒問題は桁上げ処理を行っています。
Qオプションはいつ適用されますか?
Aファイルを読み込んだ時に適用されます。
Q地理院地図でGeoJSONファイルを使いたい。
A設定からGeoJSONプロパティに「国土地理院」を選択してください。
QGoogleMapプレビューが表示されない。
Aインターネット接続環境のみ機能します。

献血記録ノート2016

FAQ

Qデータは暗号化されていますか?
Aいいえ。汎用性を持たせるため平文で保存されています。
Q性別や年齢によって基準値が異なると思うのですが?
A入力されたプロフィールから自動的に基準値が設定されます。
Qグラフを保存する方法を教えてください。
Aメニューのカメラアイコンから保存することができます。
Q毎回ファイルを開くのが面倒だな・・・。
A設定から自動的に前回使用したファイルを開くようにできます。

CheckHotSpot

FAQ

Qホットスポットとは何ですか?
Aマウスカーソルの当たり判定がある点をそう呼んでいます。

AFTransfer

FAQ

Q対応機種は?
Aウォークマン2016年冬モデルNW-A30シリーズ他です。
QiTunes Music Libraryを自動検出できない。
A動作には条件があります。手動で選択して下さい。
QiTunes Music Library.xmlを表示させる方法は?
AiTunesのメニューより「編集」→「設定」→「詳細」タブ→「iTunesライブラリXMLをほかのアプリケーションと共有」にチェックを入れて下さい。その後iTunesを再起動して下さい。iTunesライブラリはiTunes終了時に更新されます
Q保護されたファイルとは何か?
AiTunes Music Storeで購入した著作権保護されたファイルのことです。
Q転送先に作成されるファイル名に規則はありますか?
A 「/アルバムアーティスト/アルバム/ファイル名」でコピーされます。
Qソフトの最新版を確認するには?
Aメニューから「更新の確認」をクリックしてください。
Q作成されるプレイリストの形式は?
A拡張M3U形式です。パスはUnix Pathとなります。
Q作成したプレイリストをウォークマン本体で編集できない。
A本体で編集できるのは「MUSIC」フォルダ直下にあるものだけのようです。
Q 「安全性確保のため有効のまま続行できません」と表示される。
A誤操作によるデータ消失を防ぐためウォークマンまたはリムーバブルメディア以外のデバイスでは「プレイリストに無い曲をデバイスから削除する」設定が有効になっていると転送を実行できません。強制的に実行するには設定ファイルをメモ帳等で開き「同期_削除_無効化」エレメントをFalseとした上でプログラムを起動して下さい。