• indexに戻る
  • ページ先頭へ
  • ページ末尾へ
  • 前のページに戻る
  • 次のページに進む

釈迦ヶ岳

基本情報

項目
山名 釈迦ヶ岳(しゃかがたけ)
標高 1,795m
所在地 栃木県塩谷町大字上寺島
位置 36度53分59.98秒, 139度46分36.33秒
山系 -

アクセス

車(福島市~福島西IC~白河中央IC~国道4号~黒磯~矢板~八方ヶ原)

タイムチャート

05時45分 大間々台駐車場
06時30分 八海神社
06時40分 矢板市最高地点
07時40分 山頂
10時30分 大間々台駐車場

評価

評価 ★★★★☆
難易度 ★★★★☆

感想

釈迦ヶ岳は高原山のピークのひとつ。高原山は栃木県北部にあって、南側の釈迦ヶ岳火山群と北側の塩原火山群の総称です。古くは山岳宗教のメッカでした。峰や山道には祠や石仏、鳥居などが点在し、鶏頂山の山頂には鶏頂山神社の社殿が建っています。
八方ヶ原はつつじの群生が有名で、5月下旬の開花シーズンの駐車場は大混雑します。また登山者にも人気の山なので週末は早朝の到着が必須です。
駐車場から八海神社まではゆるやかな登山道。釈迦ヶ岳に近づくにつれて急勾配となります。釈迦ヶ岳山頂にはシンボルの如来像が鎮座しています。山頂は眺めが良く、日光白根山や男体山など日光連山がよく見えます。

写真

大間々台駐車場。
午前6時前の到着だったので空いていました。

登山道の入口付近。
熊が出没するとのこと。
熊鈴などの対策を励行したい。

八方ヶ原の遊歩道から山に入ります。

1番高い山がこれから目指す釈迦ヶ岳です。

八海山神社。
ここからの眺めも良い。

矢板市最高地点(1590m)です。

最高地点は本当にただの登山道です・・・。

八海山神社から一端下ってまた上がります。歩いていて距離が長く感じました。滑りやすい場所にはロープが設置されています。

釈迦ヶ岳山頂の様子です。

標高1794m。

一等三角点が設置されています。

釈迦ヶ岳のシンボル。

素晴らしい眺めです。

鶏頂山がよく見えます。
日塩もみじライン側から登るのが一般的だそうです。

下山後、田島経由で帰る途中に道の駅「湯西川」に立ち寄りました。

周辺には有名なダムがいくつかあります。
レストランでダムカレーを食べました。

写真は重力式コンクリートダム(湯西川ダム)をイメージしたダムカレーです。こちらは大盛り。普通盛りはアーチ式ダム(川治ダム)になるらしいです。どちらも特製ダムカードが付属するのでダム探訪の記念になります。

更新日時:2018年02月03日 17時15分