• indexindexに戻る
  • homeページ先頭へ
  • endページ末尾へ
  • prev前のページに戻る
  • next次のページに進む

箕輪山

基本情報

山名 箕輪山(みのわやま)
標高 1,728m
所在地 福島県猪苗代町大字若宮
位置 37度38分49.75秒, 140度16分51.89秒
山系 安達太良連峰
百名山 -

アクセス

車(福島市内~国道115号~土湯道路~土湯トンネル~横向登山口)

GPSトラック

タイムチャート

06時50分 横向登山口
07時30分 Aリフト最上部
08時00分 火山観測施設
08時10分 山頂
09時45分 横向登山口

評価

評価 ★★★★☆
難易度 ★★★☆☆

感想

箕輪山は安達太良連峰北部に位置する山です。県外での知名度はそれほど高くありませんが森林限界を超えた山頂では360度の大展望を楽しむことができます。南に安達太良山山頂部や鉄山をはっきりと見ることができます。南西に目を向ければ川桁山など猪苗代町の名山、西には磐梯山や秋元湖そして吾妻連峰とダイナミックな景色が広がります。西側斜面は箕輪スキー場として整備されているので冬季も多くの人が訪れる山です。

土湯峠を越えて猪苗代側にある横向温泉から入山しました。先に到着してる車がありましたがまだ駐車スペースに余裕があったので問題なく駐車することができました。序盤はスキー場のゲレンデに沿った形の登山道でゆっくりと高度を上げていきます。リフト終点を過ぎると植生が変化し登山道も粘土質の滑りやすい道となりました。途中、エゾリンドウがたくさん咲いていました。例年9月上旬に見頃になるようです。山頂付近は森林限界を超えるので荒涼とした姿になっています。安達太良連峰は風の通り道で爆風が吹くことも珍しくありません。今日はそれほど強い風ではありませんでしたがひんやりと冷たい風で微かに秋の気配を感じさせるものでした。

写真

横向登山口です。入山者カードとポストが設置されています。登山口前に車を1,2台駐車することができます。

案内看板。登山道の途中にある看板は破損や文字不鮮明のものが目立ちました。

最初は箕輪スキー場のゲレンデに沿った形で歩きます。歩いているとブナの巨木をちょくちょく見かけます。

スキー場作業道と2回ほど交差します。

スキー場のCリフト終点を過ぎると植生が変化します。笹が目立つようになります。

エゾリンドウ。

登山道沿いにたくさん咲いています。
例年9月上旬に見頃になります。

山頂に近づくとより背の低いエゾオヤマリンドウが見られるようになります。

スキー場のAリフト終点を通過します。この辺りの標高は約1500mです。ここから登山道が泥濘んで滑りやすくなるので注意。

山頂近くになると森林限界を超えてさらに植生が変化します。矮小化したキタゴヨウが目立つようになります。

途中、火山観測施設が目に入ります。

鬼面山への分岐点です。

箕輪山の山頂です。
三角点は奥の笹藪の中にあるらしい。

磐梯山と秋元湖が見えます。

手前に見える山が鬼面山です。
奥は吾妻連峰です。

安達太良山と鉄山です。
山頂は360度の大展望でした。

下りは滑りやかったので慎重に下山しました。余裕があれば鬼面山経由で下山するのもいいかもしれません。往復約3時間、移動距離約6.2kmの登山でした。

ちなみに登山口の反対側にも2~3台分の駐車スペースがあります。

☆☆☆☆☆

コメントを見る/書く